Organic Wellness Life

〜より豊かな暮らしのために〜

<小正月>『○○粥』で女性の大敵”冷え&むくみ”を解消‼︎

おはようございます。

 

本日1/15は”小正月”。皆さま、どのような日かご存知でしょうか?

小正月は、あまり知られておりませんが、実は大切な意味がございます。そこで本日は、”小正月”の意味や行事、食べて頂きたいお食事について少し綴らせて頂きたいなと思います。

f:id:owl-ayano:20180114214758j:image

※”小正月”とは...?

旧暦(太陰太陽暦)の『お正月』を指しております。

旧暦では、新月の日を毎月1日としており、15日(十五夜)が満月、そして次の新月までを一ヶ月としていました。つまり「小正月」1/15は満月にあたります。

f:id:owl-ayano:20180114220530j:image

昔の日本人は”満月”は『特別な力のある、めでたいもの』として、一年で最初に満月が見える日を元日としていたようです。つまり、現在の小正月1/15は、旧暦のお正月でした。

そして、明治初期に新暦が採用されると、現在の1/1がお正月となり、

●元日から松の内までを「大正月」、

●15日を「小正月

と呼ぶようになったと言われています。

ちなみに、松の内は元は1/15までを指していましたが、現在では1/6ないし7日の地域が多くなっています。なお、本日1/15小正月を以ってお正月は終わりと考えられています。

また、小正月は「女正月」とも呼ばれますが、これは年末から大正月に忙しく働いた女性(主婦)をねぎらい、小正月の時期には体を休めたり、実家に帰省してゆっくりと過ごすように、という意味があるようです。

(男性の方。お母さまや奥さまへ、感謝の気持ちをお伝えしてみて下さいね★)

 

小正月の行事とは...?

歳神様をお迎えする行事を行う「大正月」に対して、小正月は家庭的な行事を行うお正月で、お盆と同様に大切な節目でした。

大正月には門松を飾りますが、小正月には餅花(もちばな)をなどを飾ります。これは、”豊作の予祝”の大切な行事とされ「花正月」とも呼ばれております。

f:id:owl-ayano:20180114223812j:image

またこの日は、歳神様をお迎えする際にお供えしたしめ縄や門松などの正月飾りや古いお札を、お寺の境内や田畑で焼き払う「どんど焼き」も行われます。

どんど焼き」は無病息災を願う行事と言われ、どんど焼きの煙に乗って山へ帰る歳神様にあやかり、”どんど焼きの炎にあたると若返る””焼いたお餅を食べると病気にならない”とも言われているようです。

 

小正月の食べ物とは...

この日の朝には、鏡開きのお餅を入れた「小豆粥(あずきがゆ)」を食べる習慣があります。
昔中国では、小豆粥を炊いて家族の健康を祈る習わしがあり、日本でも無病息災と五穀豊穣を願いお粥をいただく風習が残っております。

f:id:owl-ayano:20180114215024j:image

そして、小豆の朱色には、昔から邪気を祓う力があると言われており、一年の家族の健康を願う意味を込めて”小豆粥”を食べたそうです。

また、小豆粥の炊き上がりによってその年の吉凶を占う神事があったことも、小正月に小豆粥を食べるようになった理由のようです。

 f:id:owl-ayano:20180114225535j:image

そして“小豆”は、古くからの食養生などで解毒作用や利尿作用があるとされ、小豆粥は女性の大敵である冷えやむくみをとる、また便秘解消など胃腸を健やかにする、健康にも美容にも嬉しい養生食です。

f:id:owl-ayano:20180114232052j:image

私も、災いを避ける力のある朱色の小豆を入れたご飯を食べることで『転じて福を呼び込む』という意味を込めて、そして家族の健康を願い、朝食に小豆粥を頂きました。

そして、皆さまの”無病息災”も心より願っております。

f:id:owl-ayano:20180115100647j:image

 

それでは、

皆さま、今週も良いスタートとなりますように...

 

今週のお題「体調管理」

 

▼▽Blog村に参加しています▽▼

宜しければ、▽下記画像を応援クリックして頂けますと、大変嬉しいです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ オーガニックライフへにほんブログ村 美容ブログ ナチュラルビューティーへにほんブログ村 料理ブログ マクロビオティックへ

いつも応援頂き、本当にありがとうございます!
皆さまからの応援のおかげで、Blogを通し、多くの方へ想いをお伝え出来ることを、心より感謝申し上げます。 

本日も、最後までお読み下さりありがとうございました。