Organic Wellness Life

〜より豊かな暮らしのために〜

“足裏からのメッセージ”を知り、心とからだを整えます。

おはようございます。

 

昨日は48年振りの"朝の冷え込み"のようでしたが、体調を崩されたりしていませんか?

私もお洗濯物を干しながら、手足がかじかみ霜焼け状態。しばらく痛みや痺れが続きましたが、その都度クリームを塗ったりマッサージをして血行を良くする...など、そのような理想的なお手入れをまめにする時間はもちろんありません。笑

 

ところで皆さまは、足の裏を観察した事はありますか?

私はじっくりと観察した事はありませんでした。笑

f:id:owl-ayano:20180125212107j:image

足のケアと言うと、マッサージをして浮腫み解消。硬くなったりカサついている所へクリームを塗ってつるつるな足裏へ...などと様々なケアをされているかと思いますが、私は今まで、ケアをしているだけで根本的な解決策を見逃していました。

 

それに気付かせてくれたのが、先日受けたハーブサロンでのトリートメントです。足裏をみて、私の歩き方の癖と体調不良の関係性について教えて下さいました。

f:id:owl-ayano:20180125212636j:image

私は小指の下あたりの皮膚が肥厚して硬くなってしまうので、乾燥が原因かと思い保湿クリームを塗り簡単にマッサージをしていました。

ですが、なぜ肥厚してしまうのか...これは足の外側に重心をかけて歩いてしまっている証です。足の内側に重心をかけて歩かないと、『”丹田(たんでん)”が弱り、腸が緩んでしまうので、お腹の不調の原因にも繋がる』事を、教えて頂きました。

 

ところで、なぜ”丹田(たんでん)”が弱るとお腹の調子が悪くなるのでしょうか。

 

※『丹田(たんでん)』とは...

丹田は、おへその少し下辺り(おへそから5cm下)、そして背骨に向かって5cmの所(身体の中心部)に位置します。

f:id:owl-ayano:20180125214049j:imagef:id:owl-ayano:20180125214110j:image

 

この丹田を鍛えるための要素の一つとして”腹圧”をかけることが重要ですが、「腹圧が弱い=丹田が緩む」と骨盤や内臓が歪み、また腰痛の原因にも繋がります。

つまり、丹田を鍛える事で、腹圧を高め→内臓機能と背骨の歪みを防止し、身体のバランス力が向上します。

f:id:owl-ayano:20180125214031j:image

 

ですので、これからは丹田を意識した正しい歩き方(足の親指の下に重心を置くイメージ)をすることで内臓や骨盤の歪みを解消し、身体を整えていきたいなと思います。

先日Blogに記載させて頂いた"反り腰"の改善にも繋がるかもしれません。

 

ayano0917.hatenablog.com

 

 

そして、丹田を意識すると更に嬉しい事が!

丹田の場所は、お腹の中心部なので"腸"に当たる場所の中にあります。ですので、丹田を鍛える事で、腸から約95%生成されると言われている幸せホルモン「セロトニン」が生成するようになり”Happy”な気持ちになるようです。

 

このように、内臓や骨盤の歪みを解消し"身体のバランス"を整えるだけで無く、心までも整えてくれる丹田。皆さまも是非、この丹田を意識した生活をされてみて下さい。

 

そして、ご興味がございましたら、足の裏をご覧頂けましたら嬉しいです。

足裏ケアをするだけで無く、自分の足の裏を観察し、足裏と心身の不調との関係性を知る事。それが、自分では気が付いていない身体からのメッセージを知り、引いては、心身を整える新しい糸口となるかもれません。

 

それでは、

皆さま、丹田を意識したHappyな1日となりますように...

 

 

いつも応援いただき、ありがとうございます!!

▼▽Blog村に参加しています▽▼

宜しければ、▽下記画像を応援クリックして頂けますと、大変嬉しいです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ オーガニックライフへにほんブログ村 美容ブログ ナチュラルビューティーへにほんブログ村 料理ブログ マクロビオティックへ

 

本日も、最後までお読み下さりありがとうございました。