Organic Wellness Life

〜より豊かな暮らしのために〜

“初夏”に向けて、やりたいこと

おはようございます。

 

本日も都内は、少しだけ陽射しが強くなりそうですね。

気圧のせいか、気温差のせいなのか...

体調を崩されている方も多いようなので、ご自愛下さいね^^

 

さて本日は、初夏を目前としたこの時期に心がけたい、

「紫外線ダメージを受けにくい身体づくり」について、

綴らせて頂きたいなと思います。

 

先日、某雑誌のAnniversary Festival にて、

私の大好きなお2人、

オーガニックビューティーセラピストの坂田まこと さん、

インナービューティーダイエット協会理事の木下あおい さんと、

お話しをする事が出来ました^^

 

そして、お2人のトークショーでお伺いした

「紫外線ケアのポイント」について、

少しご紹介させて頂きたいなと思います。

 

f:id:owl-ayano:20180612094021j:image

 

まずは、木下あおいさんより、紫外線ケアについて

”インナービューティー”の観点よりお伺い致しましたのがこちらです↓

 

※お食事による紫外線ケアのPOINTは...

①腸内環境を整える

発酵食品、みりんやお味噌などの発酵調味料を使用したお料理を頂くこと。

そして、腸内環境を整える食材として"わかめ”が

とてもお勧めとのこと。

私も息子も、海藻が好きなので、

お味噌汁には、"わかめ"をプラスしようかなと思います。

 

f:id:owl-ayano:20180612095512j:image

 

②ビタミンCを摂る

カラフルなお野菜をたっぷりと頂き、ビタミンを補給すること!

とは言っても、外食で、多くのお野菜を頂くことは中々難しいですよね。

そんな時は、お料理に添えてある大葉などの"薬味"や

レモンを残さずに召し上がるだけでも、効果的のようです。

 

また、朝は時間に追われ、ゆったりと朝食を作り食べる余裕がない...。

こんな時には、

「朝にはパプリカを1個食べるだけ」

でも、十分なビタミンC補給ができるようです。

 

f:id:owl-ayano:20180612095805j:image

 

そして紫外線を浴びて帰宅した夜には、

お水にレモンを絞り、「レモン水を飲む。」

など、ビタミンCを摂るよう少し意識するだけでも、

”紫外線に負けないお肌作り”をすることが可能です。

 

「オーガニックのお野菜をたっぷりと頂き、

良質な食材や調味料で調理をし、丁寧に食卓を作ること。」

これは私の理想なのですが、

現実は、時間に体力、そして経済的にも妥協することばかり。

 

あおいさんのお話の中で、

理想通りの暮らしを出来ていない時でも、

「自分を許しながら、無理なく続けることが大切」

という言葉がとても心に響きました。

 

「できることから少しずつ」

を、全力で頑張りたいなと思います!^^

 

 

そしてお次は、オーガニックビューティーセラピスト

坂田まことさんによる、紫外線の”アウターケア”についてのお話しです↓

 

f:id:owl-ayano:20180612101605j:image

 

※「日焼けしにくいお肌作り」のポイント

①炎症を起こすきっかけを防御する

「素肌は整えるもの。」

防腐剤、乳化剤や紫外線吸収剤などの入ったコスメは、

お肌への刺激が強く、老化を早めてしまいます。

ですので添加物の少ない、ナチュラルなスキンケアで、

ストレスなく、お肌を整えてあげることが美肌への近道かもしれません。

 

ちなみに、坂田まことさんのサロンでは、

人参と木苺で作られたオリジナルコスメ

「サンケアスキンオイル」をご提供されております。

乾燥対策のために、お水よりお肌に浸透しやすい"アロエベラ葉水"をベースに、

歴史的に”日焼け止めの代用”として使われてきた、

抗酸化作用の強い"ラズベリーシードオイル"、"キャロットシードオイル"、

"マカダミアナッツオイル"、"シアオイル"などを使用。

更に、防腐対策として、"ローズマリー"と"ユズ種子エキス"を

使用されている、お肌に優しいオーガニックコスメです。

 

f:id:owl-ayano:20180612103630j:image

 

ご興味のある方は、是非お試しされてみてください。

organiclife.theshop.jp

 

②素肌を大切にする

ニキビや肌荒れが起きてしまった際は、

「隠すのではなく、自然に治すこと」

とても、共感致しました。

炎症してしまったお肌を、

コンシーラーやファンデーションで隠してしまうと、

更にお肌へ負荷をかけてしまいます。

こんな時は、お肌からの疲労アラートを受け止め、

お食事や生活を整えることで、

ナチュラルに治癒するのが大切なのかなと思います。

 

③肌を"酸化させないもの"を使う

昨年の残りの日焼け止めを使用されている方もいるかと思います。

ですが、ご周知の通り、日焼け止めやスキンケア用品などは、

開封したら"酸化する前に使い切る"ことがベスト。

商品によって、使用期限も様々なので、

これを機会に、今使用しているメイクやスキンケア用品の見直しも

してみようと思います。

 

 

 美肌作りは、

"血液から綺麗にする"

そして、

”お肌の呼吸を整え、守ってあげる”

ということ。

 

栄養素を運んでくれる血管(毛細血管)が綺麗なら、

お肌も健やかになるはずです。

 

外的ストレスも多くなる"夏"を、思い切り楽しむためにも、

発酵食品とビタミンCを意識したお食事でインナーケアをし、

また過度なスキンケアやメイクをするのではなく

負担の少ないスキンケアで、

お肌を優しく守ってあげたいなと思います。

 

 

そして、ふと...

 

息子が大切だからこそ、

彼が素のままで、のびのびと健やかに過ごして欲しい。

そして、過度な手出しをするのではなく、

温かく見守りたい。

 

なんだか、

”美肌つくり”は"育児"と少し似ているような気がしました。

なんでも息子のことに、

結びついてしまっているだけかもしれませんね^^;

 

それでは、

皆さま、本日も良い一日となりますように...

 

▼▽ランキングに参加しています▽▼

いつもご訪問頂き、ありがとうございます^^

 

↓下記画像のクリックで応援いただけますと、大変嬉しいです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ オーガニックライフへ

にほんブログ村 美容ブログ ナチュラルビューティーへ

↓こちらにも参加させていただいております。


ナチュラルライフランキング

 

皆さまからの応援のおかげで、Blogを通し、

より多くの方へ想いをお伝え出来ることを、

心より感謝申し上げます。 

本日も、最後までお読み下さり、ありがとうございました。